レザークラフトの魅力

レザークラフトの魅力4 「完成~♪」その達成感!

投稿日:2014/06/17 更新日:

Pocket

レザークラフトの魅力は、本当にいろいろあります。

・作る前からワクワクする気持ち、

・作っている時に没頭する楽しさ

、、、などを、「レザークラフトの魅力2」「レザークラフトの魅力3」でご紹介させて頂きました。

もちろん、「作った」後にある楽しさ・喜びも沢山があります。

それが、

「やった~!遂に出来た~!完成!!か・ん・せ・い!!」

、、、と心から叫びたくなる、完成の瞬間です!

この時の達成感は相当なものですよ~♪

確かに、作っている時は「無心」になるとはいえ、

「どうやればいいのかなぁ?」

「ここをこうすると、こうなるから、ああするには。。。」

「やっちゃった~!リカバリーするにはどうしたらいいのかぁ!?」

「もぉ~~!やってらんない~!」

などなど、とても「アタマ」を使います。

始めてから、しばらくの間はレザークラフトで使う用語もよく分からないですし、作業の要領がつかめないので苦労します。

特に、オリジナルの作品を作り出すために、

ゼロの状態から「最低限必要な型紙」を作り、完成までの「プロセスやロジック」を考えるのが、とても大変です。

(ちなみに、「型紙」から切り出して縫うだけのものは「クラフト」とは言わない。
、、、と尊敬する革工芸家の方からは教えて頂きました。
この点から言うと、「セット品」「本の付録」「市販の型紙」から作った場合は、この感動はかなり薄いものではないかと思います。)

逆に言えば、失敗・悩み・苦労があるからこそ、どんな色・形であっても、レベルの差、出来不出来にかかわらず、

それまでの失敗・苦労・悩みを乗り越えて到達した「完成!」というゴールに、

「出来た~!完成~!」と、心から素直に感動・感激するわけです。

趣味のレザークラフトだからこそ、

・自分の作りたいオリジナルな作品が作れ、

・自分のペースで出来、

・自分が満足するまで出来

・悩んで自分で解決して完成させる、、、

、、、だから、特に、達成感があるんだと思います♪

ぜひ、レザークラフトにチャレンジして、

この「完成~♪」の感動を実感してみてくださいね。

(まだまだ、魅力はあります。もう少しお付き合いください!)

→ レザークラフトの魅力 ~目次~ へ戻る

******************************
「レザー好き!革モノ大好き!レザークラフトって楽しい!」
「自分だけのオリジナルな革の小物が欲しい!」
「休みの日をどう過ごそうか…」
「本革を使った大人の趣味を始めてみたい!」

◆レザークラフトで楽しく・充実した時を過ごしませんか?◆
◆安く、手軽に、レザークラフト教室のノウハウ満載!◆
革製品が好き!レザークラフト通信講座☆自宅が教室
モノづくりで笑顔を!レザークラフトで人生をハッピーに!
MONOlish(モノリッシュ)
ヤマグチヒロシ

******************************

Pocket

-レザークラフトの魅力

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

レザークラフトの魅力2 「何作ろ~♪」始める前のワクワク感!

レザークラフトを始めると何もかもが新しいことなので、結構とまどいます。 初めて作る時は、当然いろいろ失敗もします。 特に、 ・身近にやっている人がいなかったり、 ・教室が近くになかったり、 、、、する …

no image

レザー・クラフトとは?

レザー・クラフトとは、、、 英語の leather craft で、日本語では 「革工芸」 と訳されます。  ちょっと真面目な話ですが、 工芸 とは? ①工作や製造に関する技術。 ② 実用性と美的価値 …

no image

レザークラフトの魅力3 「モノ作りって楽しい!」無心になるひと時!

そもそも人は、 どんな些細な小さなことでも自分で工夫して作り出すことが、好きなのではないでしょうか? 別にレザークラフトに限りません。 何でもいいと思います。 例えば、、、 ・日曜大工 ・園芸 ・編み …

no image

レザークラフトの魅力! ~目次~

レザークラフトの魅力は、本当にいろいろあります。 「革製品を自分で作ることが楽しい!」 「自分で作った革製品が、お気に入りの一品になる!」 これらは、もちろん「レザークラフトの魅力」なのですが、 始め …

no image

レザークラフトの魅力7 「物を大切にする心」命と人生に感謝!

レザークラフトの魅力! をお伝えする、シリーズの最終回です。 レザークラフトは言うまでもなく材料・素材が「革」です。 革は、動物の皮を鞣し(なめし)て作られたものです。 つまり、動物という「命あるもの …

カテゴリー