作り方

二つ折り財布の作り方~スウェーデン色~染色

投稿日:2013/05/11 更新日:

Pocket

二つ折り財布~スウェーデン色~の作り方を簡単ですが概要を解説していきますね。

ぜひ参考にしてくださいね♪

基本的に、ヌメ革のナチュラルな色やエイジング(時間とともに変化する色)が大好きですが、染色するとガラッとイメージが変わります。

自分の革のイメージを変えるために、思い切って明るくてポップな色で清々しい色の二つ折り財布に挑戦!
そんな財布が手作りでできるのか!?という思いも持ちつつ、オリジナル二つ折り財布のイメージ作りを開始!

ちなみに、何となく北欧(北ヨーロッパ)の国々って清々しい気がしませんか?
フィンランド、ノルウェー、デンマーク等々 美しい森や湖が広がり、オーロラがゆらぎ、平和で美男美女が多い?
ちょっと自分勝手ですが良いイメージなんですよね。
ということで、北欧のスウェーデン国旗の色で清々しい二つ折り財布が表現できるか?挑戦してみました~。


 
まずは、カード入れと小銭入れ部分のパーツを染色です。

<準備するもの>
・染色液(青色、黄色)
・ボール
・刷毛
・新聞紙
以上!

<塗り方>
・刷毛にたっぷり染色液を染みこませ、手早く塗ります。
・色むらが出ないように均一に塗るのがコツです。

その他細かいコツもありますが、基本的にはこれだけ、、、
もっと難しいものかと思っていましたが、意外に簡単でビックリ。。。

ちなみに、良く見ると黄色の染色はムラと若干でも各革の色合いが異なりますね(難しい)。。。でも、青色は濃い色なのでムラも出来にくい感じです。まぁ機械で作らない手作りならでは、といった解釈もできますね^^;)

市販されている、黒や濃い茶色は、染色としては簡単な部類というのが良くわかりました。

裁断 
 

趣味で始める染色は簡単ですが、この道35年のプロの工芸家の先生は、染色ほど難しいものはないと言われています。

色ほど人の感性が違ってくるものはなく、お客さんの想像している色に近づけるには最低20年は最低かかるとのこと、、、

確かに、色の優しい赤、落ち着いた青と注文されることが多い上に、色の組み合わせで無限にありますからね、、、

でも、初心者は初心者のレベルに必要な技法・コツ・ノウハウがあります。
いきなり一流のプロの技術は技術的にも道具を準備する上でも、無理があります。
初心者に必要な知識・技術を分かりやすくお伝えしたいと考えています。

さて、さて、イメージ通りの二つ折り財布ができるかぁ!?、楽しみでワクワクしています♪

、、、ということで次回に続きます。ぜひ、お付き合いくださいね。

Pocket

-作り方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

二つ折り財布の作り方~Box型小銭入れ 2~

いよいよ二つ財布の小銭入れ部分の作製を開始♪ いわゆるBox型の小銭入れで、今回は、マチを縫うところまで行いました。 マチを縫う際に、直角に折り曲がるので菱目打ちで穴をあけるのが結構難しいです。 &n …

no image

ボックス型小銭入れの作り方 全20回~ 第1回 作品のイメージ作り~

ボックス型小銭入れの作製を開始しま~す♪ 週一回くらい?で更新予定です。(気長~にお付き合いください^^) ということで、今回は下記を完成形として、作製していきますね。 ①内側は、「1mmのヌメ革」を …

no image

二つ折り財布の作り方~カード入れ部分続き~

二つ折り財布の作製の続きです♪ カード収納部分の長さ調整が必要になり、高さ方向を若干サイズ調整しました。   まぁ、これはこれできっと手作り感あっていい味出すでしょう!? 裁断部分の染色と磨 …

no image

革コインケースの作り方 ポイント4/5 クリティカルポイント2

コインケース(スタンダード_赤×赤_青ステッチ)のコインケースです。 染色した以外は、ナチュラルの作製時と材料・作製方法は基本的に同じです。 前回の記事で書いた、<作製ポイント>エッジ処理やワックスが …

no image

革に染色したことありますか?

男性用のレザー・ウォレットは黒・こげ茶・深緑といった渋い色の物が多く、そこが落ち着いた感じの作品になり良いのですが、染色をすると印象が変わるので、レザークラフトの楽しみの幅が広がります。 染色とデザイ …

カテゴリー