作り方

偽札作り?いえいえ違います!必須の道具です。

投稿日:2014/04/15 更新日:

Pocket


すいません~!

いきなりキャッチーなタイトルで、、、

写真は、ザックリお札の大きさに切った新聞紙です。

しかも、1万円札のつもりでなんと、20枚!!

総額20万円相当を想定しています。(ちょっと金額的に無理したかな?

「レザークラフトに、そんなもの必要なの~???」

と思われましたか?

(さわやかに~)はい!必要です!

特に、長財布、二つ折り財布などのお札を入れる財布を作る時に必要なんですよ~♪

別に、

「新品の一万円札を向きをそろえて20枚財布に入れて宇宙からの幸せの気を注入する、、、」みたいな話しではないのでご安心くださいね(笑)。

レザークラフトの本やインターネットの情報に「新聞紙のお札」のこと書いている記事ってないですよね、、、

なぜだかわかりますか???

答えは簡単です。

すでに出来上がった型紙がベースになっているので、そんなものは必要ない、、、からです。

つまりオリジナルな財布ではなく、既に型紙がある財布を再現するだけなので、必要ないんです!

もちろん、既にある型紙から裁断して縫うのも楽しいです。

でも、本当にゼロから作り始めると、難しい点がいくつか出てきます。

例えば、、、

小銭やお札を入れると、どうしてもコインケースや財布の「厚さ」が変わってきていまう点です。

当たり前ですが、使う人によって、

・お札を沢山入れたい人もいれば、、、

・小銭入れを沢山入れたい人、

・カードだけを沢山入れたい人

、、、など使う人によって様々です。

当然、「財布の厚さ」にも影響します。

使う人の好みにあった「財布の厚さ」まで考慮して、一発で型紙を作ることは不可能だと思います。

それに、不可能な理由はまだあります。

それは、、、、

作業中に発生する「誤差」です。

例えば、裁断、穴開け、手縫いetcの過程で、わずかな差が生じてしまいます。

また、「革自体の厚さ」がくせ者で曲げたりすると内側と外側で長さが微妙に変わってきてしまいます。

、、、これらの点まで考慮して型紙を作ることは極めて難しいと思います。

プロや職人さんが型紙から作る時には熟練の技でこれらの誤差はほとんどなくせるのではないかと思います。

しかし、初心者の方には、最初から「財布や革の厚さ」を考えることも、「誤差」を少なくすることも非常に難しいのではないかと思うのです。

というかほぼ不可能だと思います。

一般的な無料・有料を問わず流通している型紙は、

おそらく一般的な仕様、つまりお札、カード、小銭を無難な枚数を想定しているのだと思います。

では、完全なオリジナルな革の財布を作る場合は、

・「財布の厚さ」をどの時点でどの様に決めるのでしょうか?

また、

・初心者の方が「作製途中の誤差」まで考慮してオリジナルを作るにはどうしたらいいのでしょうか?

これらの点がクリアになれば、型紙を作ったり、オリジナルの作品を実際に作る際の参考になると思いませんか?

う~ん。

一般的なレザークラフトの本やネット情報と比較して、かけ離れている内容ですね~

でも、結構、クラフトというモノ作りで大切なことを書いているハズ??、、、です(笑)

(非常に奥の深い世界ですから、あくまでも一つの見方として参考になさって下さいね)

では、「財布の厚さ」をどのように決めるのか?

この答えの一つが、先にあげた、ダミーのお札=新聞紙!!です。

えっ、どうもつながりがわからない?

、、、ですよね~♪

いきなり話しが飛んでしまい、申し訳ありません。

簡単に言うと、実際に使う人の仕様に現物で合わせる、、、、

これが、初心者の方がオリジナル作品の失敗を最小限にして作る方法だと考えています。

例えば、お札を沢山入れたい人は、実際に新聞紙のダミーで作ったお札を必要に応じて多く入れて、

「マチ」や「かぶせ」の長さや高さを決めれば完全にオリジナルなロング・ウォレットや二つ折り財布が作れる、、、という訳です。

これが出来れば最終的には「型紙まで落とし込むことだってできる」と思いませんか?

つまり、レザークラフトの初心者の方にでも十分にオリジナルな作品を作ることができる!、、、ということなんです!

ちょっと難しくなってしまったかもしれませんね。

ついつい熱が入ってしまいました~

上手くお伝えできているかわかりませんので、また機会をみて解説させていただきますね!

「偽札作り?いえいえ違います!必須の道具です。」、、、でした!

最後まで、読んでいただきありがとうございました!

よろしければ「読者登録」してくださいね♪

*****************************
「レザー好き!革モノ大好き!レザークラフトって楽しい!」
「自分だけのオリジナルな革の小物が欲しい!」
「休みの日をどう過ごそうか…」
「本革を使った大人の趣味を始めてみたい!」

◆レザークラフトで楽しく・充実した時を過ごしませんか?◆
◆安く、手軽に、レザークラフト教室のノウハウ満載!◆
革好き!レザークラフト通信講座☆自宅が教室

モノづくりで笑顔を!レザークラフトで人生をハッピーに!
MONOlish(モノリッシュ)

ヤマグチヒロシ

*****************************

Pocket

-作り方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

和室でレザークラフトはできるの??(7) 染色時の汚れ防止編

今回は、染色時のチョットした工夫・注意点をご紹介しますね。 もちろん、洋室でも同じなのですが、水や染料をこぼした時フローリングの床であれば拭けば取れる可能性が高いです(ワックスがけをしておけばさらにい …

no image

ボックス型小銭入れの作り方 全20回~ 第1回 作品のイメージ作り~

ボックス型小銭入れの作製を開始しま~す♪ 週一回くらい?で更新予定です。(気長~にお付き合いください^^) ということで、今回は下記を完成形として、作製していきますね。 ①内側は、「1mmのヌメ革」を …

no image

革に染色したことありますか?

男性用のレザー・ウォレットは黒・こげ茶・深緑といった渋い色の物が多く、そこが落ち着いた感じの作品になり良いのですが、染色をすると印象が変わるので、レザークラフトの楽しみの幅が広がります。 染色とデザイ …

no image

革コインケースの作り方 ポイント3/5 クリティカルポイント

スタンダード_黒×赤_赤ステッチのコインケースです。 染色した以外は、ナチュラルの作製時と材料・作製方法は基的に同じです。 前回の記事で上げた、<作製ポイント>について、少し書きたいと思います。 ポイ …

no image

革コインケースの作り方 ポイント2/5 左右対称性

コインケース(スタンダード_ナチュラル)に続き、ニートフットオイルを使用したコインケースです。 始めにニートフットオイルをヌメ革に丁寧に塗り広げる以外は、ナチュラルの作製時と材料・作製方法は基本的に同 …

カテゴリー