作り方

革コインケースの作り方 ポイント5/5 完成度を高める方法

投稿日:2013/09/13 更新日:

Pocket

コインケース(スタンダード_黒×黒_黄ステッチ)のコインケースです。

染色した以外は、ナチュラルの作製時と材料・作製方法は基本的に同じです。

今回は、ポイント3の、

「フタの位置を確認後ホックボタンを付ける」 について、少し書きたいと思います。

なぜ、フタの位置を確認してから、最後にホックボタンを付けるのか?

答えは、簡単です 完成度を上げるため です。

でも、型紙通りにホックボタンを付ければいいんじゃないの?

って思いますよね、、、、

たしかに、全て機械のように正確に切り出して、組み立てれば、それでいいと思います。

(機械が作る革製品は、人の温もりや感動があまり感じられないですよね^^;)

せっかくなので、手作りにこだわりましょう~♪)

でも、人が作るので、どうしても 誤差 が発生してしまいます。

職人の方は、ある程度正確に切り出すことができるかもしれませんが、初心者の方は(当たり前ですが)当然、誤差が大きくなります。

・型紙から革に写す際の誤差

・革を裁断する時の誤差

・接着する時の誤差

・菱目を打つ時の誤差

・手縫いをする時の誤差

・コバを染色したり磨いたりする際の誤差  等々

いろんなところで誤差が発生します。

初心者の方は、一つ一つに誤差が発生しやすいので、最終的な誤差はかなり大きな物になる可能性があります。

これらの、誤差が積み重なると、型紙の通りの位置であっても

「なんか左右が対称じゃないな~」

とか、

「ビミョウにバランスが悪いな~」

ということになってしまうんですよね、、、

とはいえ
やり直しが効かないのが、レザークラフトの難い(ニクイ)ところです^^;)

でも、誤差 が発生することを真摯に受け止め、バランスが取れた位置で、ホックボタンをつければ、

(型紙通りにホックボタンの位置を決めてしまい、どうすることもできないで状態で完成させるより、)

最終的に完成度が高い作品になると思いませんか?

だから、

フタの位置を確認して最後にホックボタンを付ける、、、 

のです。

でも実はこれ、初心者の方でなくても、言えることではないかと思います。

(私の先生も30年以上のキャリアがありますが、誤差が出ることを認めていらっしゃいます)

人の手作業だから当たり前ですね、、、

機械じゃない、人の手によるモノづくり だから価値があるんですよねo(^^)o

いかがでしたでしょうか?

コインケースの作製ポイントを5回に渡り書いてみました。

通常の本などにあるハウ・ツーやノウハウも重要ですが、モノづくりは、考え方が大切 だと思います。

今後も、ひと味違う記事を書いて行こうと思います。

ぜひ、参考にしてくださいね(^^)v 

(参考になりましたでしょうか、、、^^;)

Pocket

-作り方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

コバ磨きで2ランクアップ!通販バッグ編

レザークラフトの楽しみは、作品を「作ること」や「完成させること」だけではなく、 ・ワックスがけ  → 「ワックスで輝き始める瞬間!!感動♪」 ・コバ磨き  → 「2枚革のコバを磨くと1枚になる!?」 …

no image

革コインケースの作り方 ポイント3/5 クリティカルポイント

スタンダード_黒×赤_赤ステッチのコインケースです。 染色した以外は、ナチュラルの作製時と材料・作製方法は基的に同じです。 前回の記事で上げた、<作製ポイント>について、少し書きたいと思います。 ポイ …

no image

なるほど?!染色実験の結果

記事「革に染色したことありますか?」 の続きです。 染色液による超お試し感覚の実験結果です。 結果はこちら↓↓↓   結果・原液と希釈液では結構色が違う・以外と綺麗な黄色が作れる・ …

no image

革コインケースの作り方 ポイント2/5 左右対称性

コインケース(スタンダード_ナチュラル)に続き、ニートフットオイルを使用したコインケースです。 始めにニートフットオイルをヌメ革に丁寧に塗り広げる以外は、ナチュラルの作製時と材料・作製方法は基本的に同 …

no image

二つ折り財布の作り方~Box型小銭入れ 2~

いよいよ二つ財布の小銭入れ部分の作製を開始♪ いわゆるBox型の小銭入れで、今回は、マチを縫うところまで行いました。 マチを縫う際に、直角に折り曲がるので菱目打ちで穴をあけるのが結構難しいです。 &n …

カテゴリー